化粧水はスキンケアの要には決して成り得ません

JUGEMテーマ:コスメ


 5月中旬よりご提供開始しました、基礎化粧品セットのweb販売。

 通常のネット販売とは異なり、ご依頼の際に詳細な肌の状態やご使用中の化粧品についておうかがいし、皮膚科学に基づいて作られた製品10メーカー30種以上より最適な基礎化粧品アイテムとその組み合わせをご提案しております。

 3年程前から実店舗で行っていた試みでしたが、多くのお客様からコストダウン、お肌のコンディション向上などの嬉しいお声を頂戴したためメールを利用してのwebでのご提案に踏み切りました。

 現在、非常に多くの反響をいただいておりましてカウンセリングが大変混み合っております。

(ブログやツイッターでご無沙汰していたのはそのため…)


 メールカウンセリングでは、下記の項目についてうかがっています。

--------

・性別
・年齢
・職業
・職種
・1日の平均就業時間
・就寝時間
・起床時間

※夜勤のあるお仕事では肌の修復が十分に行われにくい、お車を運転されることが多いお仕事では顔の右側にシミが増えるなど、お仕事の環境によって肌が受けるダメージが予想することができますので、ご職業について詳しくおうかがいしておりますが、
詳細な個人情報の提供について不安をお持ちの方は、ご記入いただかなくともカウンセリングは可能です。


【肌の気になる点について】
・乾燥
乾燥が気になる場合、肌表面がかさかさしたり、粉を吹いたりしているかどうか、どんな風に乾燥を感じるかなどなるべく詳しくご記入ください

・しわ
シワの場所
目尻、眉間、額、ほうれい線、その他(詳しく:

・シミや色ムラなどについて
シミや色ムラの場所、形、大きさをなるべく詳しくご記入ください

例)右頬骨の高い位置に円形状、3センチ程度
左右対称に扇状、境目がはっきりせず、大きさは表現しにくい
ソバカス様の細かいものが、顔全体。特に右頬が多い
両目蓋が全体的に茶色い

・乾燥、しわ、しみや色ムラについて一番気になる、もしくは改善したいと強く思うものをひとつだけあげてください

・その他気になることがあればご自由にお書き下さい


【現在お使いの基礎化粧品についておうかがいします】

現在お使いの基礎化粧品の製品名、使用歴をお教えください

クレンジング:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

洗顔:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

化粧水:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

美容液:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

乳液:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

クリーム:製品名をご記入ください→
使用歴:約 年 ヶ月

乳液やクリームを朝と夜で使い分けている方、アイクリーム、パックなどのスポットアイテムを使用されている方は下記にアイテム名と製品名をご記入ください
例)アイクリーム 製品名○○○

その他1:
使用歴:約 年 ヶ月

その他2:
使用歴:約 年 ヶ月

その他3:
使用歴:約 年 ヶ月



【今回の化粧品選定についてご希望があればご自由にお書き下さい】
例)スキンケアにかけられる時間があまりないので、アイテム数はなるべく少なくして欲しい
例)美容効果よりもコストを重視するので、容量の多いものを望む など

--------

 ご返信いただくのも、大変な量です。

 しかし、個々人に合った基礎化粧品をプレタポルテでご提案となると、お顔を拝見できない分これだけの情報量が必要ですし、場合によっては追加で確認させていただいていることもあります。


 カウンセリングを通して見えてきたのは、基礎化粧品アイテムで「化粧水」を軸にスキンケアを組み立てている方が本当に多いのだな、ということです。

 これは消費者の方が愚か、ということでは全くなく、メディアやメーカーの戦略のせいかもしれません。

 ですが、声を大にしてお伝えしたい。


 化粧水はスキンケアの要には決して成り得ません。


 化粧水の主成分は「水」。

 ほとんど水なんです!!!

 (一部の高級化粧品では、基材がローズ水や水溶性コラーゲン液、ガラクトミセス培養液になっているのもありますけど。驚)

 乾いた唇を水で濡らしたって、濡れた瞬間はうるおうけれど水分が蒸発するとすぐに乾きます。

 しかも、水が蒸発する際には唇に残っていた水分さえも奪って蒸発しているという事実…。だから、余計に乾くのです。

 ちなみに唇は皮脂がないので、補給すべき保湿成分としては油分の優先順位が高いですが、お顔は場所によって皮脂の量が違うのでケースバイケースです。


 スキンケアアイテムの要は目的にもよりますが、美容液かクリームです。

 働きの強い美容成分の大半は油溶性(油に溶ける性質)なので。油溶性のものを水に溶かすとなると、当然乳化剤が必要なので余分なものが増えていきますもんね。


 意義のあるスキンケアをお考えなら、基礎化粧品はぜひ美容液かクリームに着目してお選びいただきたいと思います。

 化粧水は使用感が良いし、お手ごろなお値段なので使いやすいスキンケアアイテムだとは思うんですけれどね。

 化粧水依存のスキンケアはどうしても、慢性的な乾燥からのバリア機能の低下→肌荒れ の悪循環に陥りやすいので、年代、肌質によっては十分に気をつける必要があると思います。


 最小コストで高い美容効果(ホントは効果って言っちゃいけないけど、あくまで慣用句表現としての効果!)を実現したい方はぜひ一度ご相談ください。

 お一人お一人に合った基礎化粧品を、10メーカー30製品以上より選定しています。
 基礎化粧品のメールカウンセリング&販売


 

 ナチュラルに美しいお肌の女性をひとりでも多く増やしたいのです。

 日本人女性は好むと好まざるとに関わらず、見た目に左右されて生活していますからね。しかも人工的なものは受け容れられにくい風土があるので、美しさを表現するのが難しいと思うのです。



 
1