使ってみました 〜 レヴール スカルプ シャンプー  〜

  JUGEMテーマ:コスメ

----------------------------------------------------------------------------------------------
【シャンプーに関する基礎知識・レポしている人のスタンスとしてご一読いただければ幸いです】

シャンプーと育毛の関係について考える。前置き
シャンプーと育毛の関係について考える。本題
シャンプーと育毛の関係について考える。オマケ
---------------------------------------------------------------------------------------------

【3/16 成分に誤りがあったため修正しました】
市販のノンシリコンシャンプー使ってみましたシリーズの十三番手です。








レヴール スカルプ シャンプー 500ml 1230円
※2013年3月13日現在 amazonでの価格



成分表示は順に、水、コカミドメチルMEA、スルホンコハク酸ラウレス2Na、ココアンホ酢酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、・・・以下、コンディショニング剤、コーティング剤等洗浄外成分が続きます。

これまでご紹介した中で最も強い脱脂力、洗浄力を持つ製品だと思います。

表示の最初はヤシ油原料の界面活性剤で洗浄力は優しめですが、他の界面活性剤は強め。

ラウロイルメチルアラニンNaも入っていますが四番手なので存在感は薄そうです。



洗浄成分は高級アルコール系&天然系、かなりアルコール強めです。

コンディショニング剤やコーティング剤に強そうなものが入っていないことも踏まえると、まさに「スカルプ」の名に相応しい、かなり強い洗浄力が期待されます。

製品のコンセプトがここまではっきりしているのもスゴイです。

ただ、頭皮は体の中で最も皮脂が多い部分ではありますが、女性はそれでも男性に比べると少ないので、女性用シャンプーと考えた場合、この組成のシャンプーを毎日使う必要がある方がどのくらいいるかな〜 という疑問は残ります。




使ってみました。



想像どおりですね。

過去最高の脱脂力だと思います。

皮脂分泌が落ちてきはじめて、なおかつヘルシーな食事を好みがちの30代・40代・50代の女性ではなかなかこの製品が合う方は少ないかもしれません。

10代後半〜20代でお肉や油を含む食事が好き、ワックス&スプレーなどでがっちり毎日セットしているという方にはぴったりかもしれません。あと、頭皮のベタツキが気になる男性にも良いと思います。

髪が長い方は髪がごわついたり乾燥しやすいと思うので、洗い流さないトリートメントなどとの併用がおすすめです。


ただ、市販の製品で、しかもこのお値段でこれだけの洗浄力は圧巻ですから、週1回ぐらい自宅でのスキャルプケア用シャンプーとして使ってみるのは良いかもしれません。

「頭皮をきれいにする」ことに重点を置いたヘッドスパサロンで使う、「クレンジングシャンプー」に近い組成だと思います。



* * * * * * * * * * * * * *

レヴール スカルプ シャンプー 500ml 1230円
※2013年3月13日現在 amazonでの価格



勝手に評価(満点は★5つ)

<日常使いと考えた場合>
性能 ★★(強すぎると思うんです・・・)
コストパフォーマンス ★★
お勧め度 ★★
総合評価 ★★

<たまに行うスキャルプケアとして考えた場合>
性能 ★★★★
コストパフォーマンス ★★★★
お勧め度 ★★★★
総合評価 ★★★★


※主観的なものですので、あくまでもご参考程度に
※正直な感想を書きたいので、どことも一切の利害関係はありません(し、これからも持ちません)

- 利害関係について 3/14追記 -
正直な感想を書くためにどことも利害関係を作らないつもりでいましたが、今後、amazonのアフィリエイトリンクを貼ることにしました。

情報提供のためには製品のテストが欠かせず、その費用の足しになったら良いな・・・とちょっと思ったので。

もしこの記事を読んで製品に興味をお持ちいただき、「買ってみようかな〜」と思われたときは、下のリンク先か上部の画像に貼ってあるリンクからご購入いただくと、amazonさんからわずかな報酬が私に入ります。(お客様は損しません)


アフィリの報酬を製品レポの費用の足しにできたらラッキーだなぁと思っています。





注:ステマには今後も一切加担しません。お誘いいただいてもお断りします。






余談ですが、本当に本当にノンシリコンシャンプーが急激に増えてますね。

すでにテスト&レポが追いつかない状況になりつつあるのですが、新しいのを見かけるたびに組成のチェックだけはしています。

系統的には

ギフト(リニューアル後)
レオローロマリス ブラッククリスタル シャンプー
ブルーリア(レポ準備中です)

のような、ラウレス硫酸Naではないアルコール系界面活性剤+ヤシ油由来界面活性剤に独創的な植物エキスなどの保湿剤、コーティング剤が入ったタイプがかなり増えています。

ちょっと似たりよったりでポリシーの感じられないものが増えてきているような・・・。

そんな中、レブールが「カラーケア」のオレンジを発売したようですね。

まだ組成しか見ていないのですが、これがまたポリシーが感じられる雰囲気でした。あちらも今回レポしたスカルプ同様、これまで見た中では似たものが多分ないと思います。パッと見た感じではレブールシリーズでは最強のコーティング力じゃないかと思ったのですが、どうだろう・・・。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ヘッドスパセラピストとして、「頭皮の健康」の観点からですので、シャンプーのみの印象と感想です。


そのため、同シリーズのコンディショナーやトリートメントについてはノータッチです。

シャンプーにはシリコンを使っていなくてもトリートメントには入っている
場合もあります。そして、シリコンが髪に悪いかというとそんなこともないと思います。

トリートメントやコンディショナーは、「髪」へのアプローチになりますので、美容師さんの方が詳しいと思います。

成分だけでなく、実際に使用した「使用感」も大事に実用的なレポと分析を心がけています。



 
コメント

スカルプシャンプーは使ったことがないのでとても興味があります。
今度試してみようかなぁと思います。

トラックバック
この記事のトラックバックURL