化粧水・乳液・美容液・クリーム… 何を揃えるべきか 年代別に解説します 〜30代編〜

 


1.30代のうるおいの事情と対策

意外と知られていないことですが、女性の場合、皮脂分泌量は30代が最も多くなります。
皮脂は肌の水分蒸発を防ぐのに一役買っていますが、この年代は皮脂が十分〜多すぎる 状態を起こしやすいため、化粧品で油分をプラスすることは注意が必要です。

皮脂過剰の状態は炎症(肌あれ)やくすみ、ざらつき・ごわつきなどを起こしやすくなります。

水分量が10代〜20代に比べて大きく低下していますので、肌の乾燥を自覚する人も増えますが、この乾燥は乳液やクリームを使うこと、つまり油分を補うことでは改善できません。

水分量を増やす成分や、肌の水分蒸発を抑える成分(油分ではない)など働きの異なる保湿成分を組み合わせ、肌の水分量を増やします。

たっぷりと保湿成分が含まれる美容液を要にスキンケアを組み立てるのがおすすめです。




2.30代のしみ・そばかす・色素沈着の事情と対策

実際にしみやそばかすが出てきはじめ、場合によっては目立つようになってくる年代です。
今後の予防のためにメラニンの生成を抑えると同時に、色白の方やすでに大きなシミや濃いシミがある方は積極的にシミを薄くする、ということを考える必要もあるかもしれません。

美白化粧品のほとんどが「メラニンの生成を抑える」=これからできるシミを予防するものであって、今あるシミやソバカスを薄くする効果はありません。しかし、中にはすでにできてしまったメラニンを還元し、淡色化したり、メラニンの排出を促す作用を持つ成分もあります。シミの大きさや濃さ、気になる度合いによってどのような成分を含む美白化粧品を使うかが重要になってきます。

成分の特徴などは実際の製品に含まれるものを詳しくご紹介していきます。

30代は美白成分も成分の濃度が高い美容液かクリームで取り入れるのがおすすめですが、あまり気にならない方は化粧水でも良いでしょう。



3.30代のしわ、たるみの事情と対策

この年代はまだ深いしわはなく、たるみも起こりにくいです。
しかし、人によっては目じりの小じわやほうれい線が気になってきたという方もいるかもしれません。

目じりの小じわは乾燥が原因であることも多いので、肌が十分に潤っている状態を維持できるようにケアをします(1.参照)
この年代は皮脂量は十分であることも多いですが、目元や口元は皮脂腺が少ないため部分的に油分が不足することもあります。その場合は目元や口元にだけクリームで油分を補います。近い未来のしわやたるみの予防のために10代〜20代同様に、UV対策を行うことも重要です。

30代後半くらいになると、コラーゲンの変性によって、いよいよ「しわ」や「たるみ」が目立つという方もいるかもしれません。その場合はアンチエイジング成分を含む化粧品で積極的なケアをしていくのもおすすめです。ケアの仕方、選ぶべき化粧品については40代以降編をご覧ください



【まとめ】この年代に必要なアイテム

・保水成分がたっぷり含まれる美容液(すべての方)
・美白成分を含む美容液かクリーム(シミ・ソバカスがそれほど気にならない方は予防的な意味で化粧水でも)
・肌の状態に合わせて保湿・美白・アンチエイジングそれぞれの効用に重点が置かれたクリーム
・日焼け止め
※保湿の要は美容液。皮脂分泌量が多い年代なので、保湿目的でクリームは多用しない




年代の傾向はあくまでも一般的なものです。

30代は前半と後半でかなり事情が変わりますし、仕事中心か、家庭中心か…どのような場所で過ごす時間が多いのかによってまたさらに事情が変わってきます。

個人差が大きくなりはじめる年代ですので、ご自身のお肌のコンディションの確認にはぜひ当店のフェイシャルエステコースをご利用ください。