気づいてみたらイメージ通り動けず、体が硬くなっていた、と感じたら

JUGEMテーマ:日記・一般


社会人になり働きはじめると忙しくて体のケアが難しくなる方が増えてきます。

学生時代に運動習慣があった方でも30代後半になると体が硬くてなり、腰を痛めてしまうケースも多い。


そうならないためにも柔軟性を高めることが大切です。

柔軟性があると肩こり・腰痛予防、緩和も期待できますし、姿勢改善にもつながります。(猫背対策)

簡単にできるセルフケアとしてとってもオススメです。



そして、関節の可動範囲が広がりますので筋トレの効果(引き締めなど)が出やすくなります。



まずは、寝る前に5分間ストレッチしてみましょう。





大人がキレイに健康に見えるためには「しなやかさがあること」つまり「柔軟性」があることです。
年齢を重ねるにつれて、筋肉が硬くなり「しぐさ」や「動作」が鈍くなり実年齢より老けてみられることも・・・。



せんたくびより」で柔軟性のあるしなやかな体を手にいれませんか!



美容と健康管理のお手伝いをする「せんたくびより」のホームページはこちら





 
コメント