疲労を取り除くためにはやっぱり・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:健康

 

 

疲れたら思わず背伸びしたくなりますよね・・・

最近、私は疲れたと感じた時はお風呂にゆっくり浸かり、風呂上がりにお酢を炭酸で割りグビグビ飲むことです(笑)

 

 

 

 

疲労には「肉体的」「精神的」などありますが今回は肉体的なことでお話します。

 

肉体的疲労でイメージしやすいのは運動、スポーツをした後だと思います。

体を動かすことで筋肉の中にあるグリコーゲン(炭水化物)がエネルギーとして使われます。

グリコーゲン(炭水化物)は素早くエネルギーを生み出すことができますが、体内に貯蔵できる量が少ないため長時間の維持はできません。

そして、エネルギーが足りなくなると筋肉中にある炭水化物(グリコーゲン)を分解することで、自らエネルギーを生み出します。

 

この分解で発生するのが、乳酸(疲労物質)です。

 

私たちの体内はもともと中性〜弱アルカリ性に出来ていますが、乳酸が発生することで部分的に酸性に傾けてしまいます。


体内が酸性に傾くと、様々な体の仕組みがうまく働かなくなり、例えば筋肉に指令を出す神経の伝達がうまくいかず筋肉が力が出せなくなったりしてしまうのです。

 

ただ、最近の研究では、乳酸は疲労を起こす「悪い奴」ではないとわかってきました。

 

乳酸を溜め込むのではなく、血液内に備えられている中和物質(クエン酸・重曹)で素早く中和し、血液で必要なところに送り出せば乳酸を運動中や運動後にエネルギー源として利用できる考え方に変わってきました。

 

では、肉体的な疲労を回復させるにはどうすればいいかと言いますと・・・

 

基本的には「食事」で栄養をしっかりと摂り、「睡眠」でしっかり体を休めること。

素早く回復させたいと考えている方は「血液循環」を意識することが重要かと。

 

食事で摂った栄養を疲れた筋肉まで運んでくれたり、乳酸を中和し、エネルギーが必要な所へ運ぶのも血液です。
血液循環がきちんとされていると回復力が高まります。

 

ぜひぜひ、血行促進させることも頭の中に入れて疲れを溜め込まない体つくりに励んでください。

 

 

整体も結構、血行促進効果が高いですよ!

 

 

 

 

 

 

 

札幌市豊平区美園で美容と健康管理をお手伝いする店「せんたくびより」のホームページはこちら

 

 

 

 

 

コメント