育毛における最強のホームケアはブラッシング

突然ですが──

 

いつまでも健やかな毛髪とともにありたいのなら、お家でまずすべきことはブラッシングです。

 

毛乳頭や毛母細胞に栄養を運んでいるのは毛細血管。血流が大事なのです。

 

養毛成分として有名なミノキシジルもセンブリエキスも血行促進作用を持っていますし、首の付け根に近いあたりに薄毛が起こることはほとんどないのに、頭頂やサイドに起こりやすいのもそういう理由です。(首の付け根近くは首を動かすと一緒に動くので血行不良が起こりにくい)

※円形脱毛症などの特別な事情がある場合は別です。加齢に伴うある程度自然の範囲の薄毛の話です

 

ブラッシングに使うブラシは獣毛ブラシ──特に猪毛がおすすめです。

 

▼過去当店で数量限定販売していた猪毛ブラシ

 

獣毛ブラシでよく見かけるのは豚毛ですが、猪毛の方が適度な硬さとしなやかさがあり、的確に頭皮をマッサージすることができます。豚毛は安価で手に入りやすいのが魅力ですが、柔らかすぎて頭皮をマッサージするにはやや力不足……(毛髪にからまったほこりや汚れを落とすのには向いている)

 

固さでいくと「木」もありますが、しなりがほとんどないので、こちらもマッサージ効果という意味では猪毛に分があります。

 

ちょっと手に入りにくいし、ブラシの中ではやや高価(3千円台くらいから、かの有名な”メ”のつくメーカーのものだと、ウン万円)ですが、一本買って適切な手入れをすればずっと使えるのでコスパは悪くないです。

 

当店でお求めいただいたお客様方も皆さんずっと地道にブラッシングされていて、髪のコンディションは良好です。

 

なにより、ブラッシング自体がこのうえなく気持ち良いのが続けられる理由のようです。

 

 

しかし、今日の本題はコレではありません。

 

これほどまでに猪毛ブラシを推しておきながら、当店の身支度スペースに装備されているのは……

 

 

なんとも貧相なプラスチックのブラシ!!

 

ドライヤーのブラシも、もはやドライヤーの祖先かな? というレベルのチープ シンプルさ。

 

これには理由があります。

 

店ではブラシをお客様毎に洗浄するのです。

 

衛生管理を重視した結果であります。

 

エステサロンや整体の店には明確な衛生管理のルールがなく、事業者の良心や倫理観、衛生規範に任されているわけですが、当店はそのあたりにも比較的関心が高いです。

 

ぶっちゃけて言えば、コストがかかる一方の部門であり、後回しになってしまっているお店さんも少なからずあるのではないかと思いますが、そういうことがきちんとされていないと、お客様に安心して気持ちよくご利用いただけないことが分かりきってますので。

 

 

三行でまとめると

 

・薄毛対策の最強ホームケアは猪毛ブラシによるブラッシングで血行促進

・店の備え付けのブラシが貧相なのは洗いまくるから

・ブラシやドライヤーもあるので、お出かけ前のご利用も安心

 

 

脈絡なさすぎぃ……

 

 

 

コメント