【4/9 コロナ@札幌】いち個人商店の現在と今後と

7都府県に緊急事態宣言が出されましたね。

 

北海道独自の緊急事態宣言が出されていたのが2月29日〜3月19日のことですから、約1か月の差ですね。

 

 

つい先日までは北海道および札幌で新たに感染が確認された方は、1日につき0〜数名と落ち着きを見せていたようですが、2,3日前から雲行きが怪しくなり、昨日は北海道全体で10人の方(札幌は4人の方)が新たに陽性確認とのこと。

 

Twitter 鈴木直道(北海道知事)@suzukinaomichi より

 

 

 

『札幌市 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 更新日:2020年4月8日』より

https://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f1kansen/2019n-covhassei.html

 

 

 

 

 

また、北海道知事によると……

 

 

今日も10名以上の方の陽性が確認されると、再び外出自粛要請が出される可能性が高まりそうです。

 

 

 

(;´・ω・)・・・

ウーン 困ったなぁ 

 

 

日本中──いや、世界中の人びとの心の叫びですよねぇ……

 

 

 

 

一足早い自粛要請により、市民の皆さまの思慮深い辛抱と事業者が血反吐を吐きながら第一波を乗り越えたわけですから、

 

少しはモラトリアム期をもらえるのかな、なんて勝手に期待していたのですが、そんな物語のようにうまい具合にはいかないわけで────

 

いやあ、まいった、まいった。

 

 

 

そう遠からぬうちに第二波に見舞われることは想像しておりましたので、いち個人商店の弊店では今月1日から以下のように対応して営業をつづけておりました。

 

 

【4/2最新】新型コロナウイルス感染症への対応について

 

 

長いので3行でいうと

 

・お客様入れ替わりごとの消毒、換気などの対策の継続(全11項目)

・小スペースの閉鎖

・お得意さまのみのご予約承り

 

 

 

また、このような時節に恐縮なのですが、

 

ありがたくも今月1日に11周年を迎えさせていただきましたので、慎ましやかにでも御礼の気持ちを形にし、今週末にでもお客様方へご案内差し上げようと考えていた矢先だったのです。

 

 

ちょっとね、もう、また状況が変わってきてしまっているので、今日の状況を見て考え直したいと思います。

 

休業もね……場合によっては、いよいよ考えなくてはいけないと思うのでね。

 

 

 

札幌は土地柄東京と往来が多いので、このあたり↓ のことも含めて考えてまいります。

 

市外・道外から札幌市にお越しになる方へのお願いです。
2週間は体調管理に努めていただくとともに、不要不急の外出を控えてください。体調に不安が生じた際には速やかに札幌市の一般相談窓口(011-632-4567)に連絡いただきますようお願いします。

札幌市 市民の皆さまへ 秋元札幌市長からのメッセージ(令和2年4月9日)

 

 

 

すでにオンラインショップTOPでお知らせしておりますが、化粧品のご注文についても、緊急事態宣言の影響を方々へ確認中です。

 

今しばらくお時間くださいませ。ある程度、はっきりした情報がまとまってきましたらメルマガでもご案内いたします。

 

 

 

最後に。

 

がんばりたい人とか、がんばれる人はそうしたら良いけれど、そうでない人はがんばらなくていいと思うのです。

 

なんでも自分でどうにかしなくちゃいけないわけでもないし、どうにかできるものでもない。

 

心理学を通して、私は人がどのように成り立っているのか、何によって変化していくのか、ということを学びました。

 

そうすると、案外と人は外的要因とか、時代背景とか、自分で選べないことにも大きく左右されていることを知りました。

 

レジリエンス(困難に対する過程や能力、結果)は人それぞれ違っていて当然で、それも自分の努力や心がけで、全部をコントロールできるものでもありません。生育環境だったりとか、もともと与えられたリソース(資源)や気質(もって生まれた性質)も関係しています。うまくいかないのも、不安なのも、イライラしてしまうのも自分のせいだけじゃないです。

 

 

人と自分を比べない、卑下しない、驕らない

 

人に自分尺度の正しさを押し付けない、否定しない、

 

 

人と自分は姿かたちは似ていても、思っている以上に違うものだとちょっとだけでも意識すると、少しだけお互い楽に関われるのではないかと思います。こういうときだからこそね。

 

 

社会のすみっこぐらしは、そんなことを考えつつ、医療関係の方をはじめとした、社会機能を支えてくださっている方に敬意と感謝を表しつつ、今日も困った困ったいいながら電卓とキーボード(昭和かよ……)を叩きます。