20代に変身 o(^▽^)o



「せんたくびより」のメニューはほとんどがkanaちゃんが担当するものが多いのである。



私のできることといえばセイゼイ、人を笑わせること(笑)なんてジョウダンをいって誤魔化してしまう。 (._・)ノ







そんな話はさておき、やっと体験しました。









エステを(* ̄ー ̄*)







いやぁ〜  いいもんですなぁ〜





お肌もツルツル、プにプに、しっとり。





頬が上がってすっきり小顔に♪





これはクセになりますな。男性がエステにいきたくなるのがわかる気がする。







あらためてお肌の大切さがわかりました。

ちゃんと手入れをしないとってダメだしもされてしまいました。











今度は8月末に予約しよっと









すっかりはまった私でした・・・






ほろ酔いミーティング… にならず。

1月のプレオープンに向けて、これまでののろのろペースから一転、そこそこ加速中の「せんたくびより」。

月曜はシャチョーもワタシも定休日のため、定例ミーティングとなりつつある。


所用を済ませ、炎天下のなかを歩く。


どこかで遅い昼食でもとりながらミーティング! ってことで、向かった先は・・・


かふぇちっくBar ハピスケ舎
→たぶん、この時点で選択が間違えていたのだろう、と思う。



注文を聞きにきた店員さんに、しれっと告げるワタシ。

「ニョッキのプレート、小ビール付きで」ふぅ〜ん




(゜ρ゜)

※このときの、傍らのしゃちょーの表情。






そして・・・・・






( ̄ー ̄) 「トマトそうめんと、××××× ※なんか小難しいベルギービールの名前」
注)何を飲んでいたか気になる方は しゃちょーのブログをチェック



咎められるかと思いきや――――。

なんだ、結局飲みたかったのかプシュー



炎天下の中、歩き続けた体にビールの染みること。

ワタシはシャチョーと違って大酒飲みではありませんが・・・

陽のあるうちにいただくビールって、なんでこんなにおいしいのでしょう。


しかも、わたしの小ビールは、たぶんエビスだった(*´ー`)→満足げ



まあ、ミーティングにならなかったのは言うまでもありませんが…。







しゃちょーの食べてた「トマトそうめん」





ワタシの食べたニョッキのプレート
ふわふわのニョッキはもちろん、パンがすごくおいしかった。


かわいい内装はもちろん、食器まで全て雰囲気が統一されていてとてもステキな空間でした。

店員さんのほどよい距離感もとっても心地よく、また行きたくなるお店です。


ちょい飲みしたいときにオススメ!


カフェちっくBar ハピスケ舎
札幌市中央区南14条西7丁目2-10
14:00〜24:00
011-303-6886
不定休






夏休みの宿題!



前回のミーティングでメニューも発表し、気合がはいっている





チーム「せんたくびより」





しかし、まだまだ決めなければいけないことが山ほどある。









そんで・・・









私のペースにすっかり呆れたkanaちゃんが・・・











「しゃちょーに宿題をだします!」 ( ̄ー+ ̄)









なーんていわれ、たくさん宿題をだされてしまった(笑)









ひそかに今、宿題をやっている最中であります。











「驚くものを作ってびびらせてやる」とにやっきなってパソコンの前にいる私 (* ̄▽ ̄*)











でもね、













意外とセンスがないのでちょっと心配である。





でも、頑張るか♪












やっぱりいいです ゴメンナサイ。

ご存知の方もそうでない方もいらっしゃると思いますが―――。



しゃちょーとワタシは同じスポーツクラブさんに出張させていただいている。





ある日の夕方近くの午後。



たまたま同じ時間帯に手すきになったしゃちょーとワタシは遅い昼食を取るために外出することに。



いつもは、近くのスーパーなどで食料を物色するのですが、お惣菜もお弁当も食べ飽きたし、お気に入りのパン屋さんは原料価格高騰のためか、最近値上がり気味。笑



そんなわけで、久々に外出することにしたのですが。



「なに食べます〜?」



という、ワタシの言葉にいつもなら「何にする〜?」というような言葉を返すしゃちょーの目がいつになくキラリ星 と光りました。





どうやら近くに新しいお店ができたらしいので、そこに行ってみようと言うのです。





見ただけでお腹いっぱいになりそうな店名の書かれたのれんをくぐり、ドキドキしながら中へ。





…。





(゜□゜;)!!!!!





なんか、やっちまった気がする。





そう思って、しゃちょーの横顔を盗み見ると、どうやらそのように感じたのはワタシだけではない模様…。





1人のお客さんもいない薄暗い店内。



慌てたような「いらっしゃいませ」の声。



熊の木彫り。

→いや、別にそれはいいんだけど。





内心の動揺を押し隠し、とりあいず席についてみる。



三秒後に頭上のライトがパチンと小気味よい音を立てて、点けられました。

注)別に開店直後にお店に入った訳ではない。にも関わらず、電気は消されていた。





席についたからには、条件反射のごとくメニューを見る。





あれ?





メニューがないぞ。





ワタシの頭の中は高速回転。



ランチが終了して谷間の時間帯だから、メニューをいったん下げたんだろうか?





まあ、いいや。







そのとき――――。







「やっぱり止めればよかったかな…」





という、しゃちょーの呟きが!!!!







まあまあしゃちょー、これも何かの学びになりますぜ。



「せんたくびより」の糧のしましょうよ。





などと言いながら、しょちょーを宥めるとともに自分に言い聞かせるワタシ。







それから、待つこと少々。







ようやくお水が運ばれてくる。





店員さんの第一声。







「何にしましょうか?」







(何があるんでしょうか??)



チームせんたくびよりの心のシャウト。







それを上手にオブラートに包んで実際口に出したのは、しゃちょーでしたが、次の瞬間店員さんの口から飛び出した驚くべき言葉は――――。





「あら、ごめんなさいねえ。メニューまだ出来てないの。ほら、あそことかあそことか(あちこちの壁を指差す)に書いてあるから、見てくれる?」





とは言うものの、チームせんたくびよりの座った席からは何も見えない。



仕方なく立ち上がって見ると、壁にメニューが点在している。





塩ラーメン

味噌ラーメン

醤油ラーメン



焼き魚

秋刀魚

さば

あじ



もつ鍋



冷奴









・・・。



・・・・・・・・。





「出ませんか?」



まさに、ワタシがそう言おうとしたその半秒前。





「ごめんなさい、やっぱりいいです」





いつになく早口でそう言ったしゃちょーはさっと踵を返し、お店を出て行こうとする。



テーブルにお財布と手帳を置きっぱなしにしていたワタシは、慌ててその後を追いました。





結局その日は、ワタシが一度行ったことのあるお蕎麦屋さんへ。





特別に愛想がよいわけではないけれど慣れた「いらっしゃいませ」の声。



席に備えられたメニュー。



それらにひどく安堵しました。







おそばをすすりながら、さっきのお店にを振り返ってみる。



しゃちょーとワタシの一致した見解は・・・





「見切り発車すぎじゃない?」





ってこと。



飲食店でメニューがないのってどうなんでしょう。



カウンター席のみとか、メニューが一種類しかないこだわりのお店、とかなら別ですけどね。





それに、これは私たちにも言えることですが、技術(飲食店なら、お料理。私達は施術)にだけお代を頂戴するわけではないんです。



それらの技術を心地よく受け取っていただけるような、サービス、環境、その全てをひっくるめての価格です。



お店によって、そのどの部分にウェイトを置いているかは違うとは思いますけど。





いや、それにしても思いがけず貴重な体験をしましたプシュー






専属トレーナーになりまっせ





やっとメニューも決まりブログで発表することができました。

ワタシ(スリーエフ)はカイロプラクティックのみに対しkanaちゃん(風穴)の魅力のあるメニューが目白押し♪







でもね、ワタシも「せんたくびより」で新しいメニューを作ってしまいました!







それが・・・









パーソナルトレーニング (⌒・⌒)ゞ









いったいナンゾヤ?









お客さんの身体的特性や目的、ライフスタイルにあわせてトレーニングプログラムを作成しマンツーマン指導する。まあ、カイロで整えた体をさらに運動で維持させる(猫背やO脚にならない運動を紹介)



その他、お腹、お尻を引き締めるエクササイズなどご要望に合わせて運動プログラムを提供し・・・







一緒に楽しく運動します♪













なーんて簡単に説明してみました。







また、機会をみてわかりやすく説明していきたいと思います。