ぼやぼやと考える・・・





すっかり、更新するの忘れていました (Θ´∀`)ゞ





最近、せんたくびよりミーティングもできない状態。

お互い、忙しいのもあって ・・・  でも、それは仕方がない。本業が大事ですから。









わたくしごとになりますが、最近このようなアイテムを手に入れました。











エコバック











私のブログにも載せたが前から欲しかったものの1つ!

ちょっとした買い物のときにあると便利。これがきっかけで「地球に優しい環境」なんて言えるご身分ではありませんが自分ができることから始めようかなって思いました。





そんなの「あたりまでしょ」なんてツッコマレルかもしれませんが、こんなことしながら「せんたくびより」でなにかできないかと、なんとなく考えている私です。







近々、集合かけるぞぉ〜  (o^∀^)ノ




居心地が悪いわけは

何一つ実体化できていないものの、理想の空間を実現するべく、ミーティングを重ねるチームせんたくびより。



前回のミーティングでは、お互いの技術はもちろん、「接客」を改めて体験する必要があることを確認。



しゃちょーは勝手に決めて、フライング気味にブログに書いちゃったけど…ふぅ〜ん



まあ、大事なことではあります。



私だって疲れた体をほぐしたいし、たるんできた下っ腹を引き締めるトレーニングを知りたい―――― あ、いやそうじゃなくて・・・。→これが本音だってことは、みなさんご内密にハート



お互いの接客スタンスなどを体験することによって、再確認。よりいっそう向上させることが必要です。



というわけで(どういうワケだ?)近々ロープレを決行することに!



そのロープレをいつ頃するか、相変わらず決まらないハコ(場所・物件)についてどーするかなどを話合うために、ふたたび招集命令が・・・。





5月某日。





集合したのは某情報誌で見つけて、なんとなく気になったお店。



貪欲なチームせんたくびよりは、いかなるときでも自己啓発を欠かさない。





なあんて言って、ほんとうはただ単においしいもの



を食べたいだけ。






だって、なにをするにしても、楽しくなけりゃはじまらないと思いません?!







ランチを食べながら、あーでもない、こーでもないと時に脱線しつつ、実のあるようななさそうな話をしながら、視線はキョロキョロ。







なんかね、ちょっと変わったお店だったんです。



立地的には若い人が多そうなはずなのに、来るお客さん来るお客さん、み〜んな年配の方で、しかも常連さんっぽい。



お店の内装はモダンな感じで、並べられている食材や調理器具を見るかぎりではイタリア〜ンな様相なのに、お料理は和食でやさしいお味。や、別にそんなこたぁいいんですけどね。





立地だけ見たら、



若い人

飛び込みのお客さん



が多そうだというのに、全然そういうお客さんは来ない。





そして一番フシギなのは、落ち着きもあるし、お料理はおいしいんだけど、なぜか居心地があんまりよくない。



まあ、お店のなかがけっこう静かだったのでそんなことは口に出せず…。



しかししゃちょーも似たような感じを受けているようす。





結局、お店を出てからその理由を検証。



その結果―――。



どうやら、店主らしき方とアルバイトらしき若い人(店の方はそのお二人だけ)の関係が原因っぽい感じでした。



たぶん、店主らしき方は職人さん気質のような感じで、アルバイト(たぶん)の人は入ったばかりで手馴れていないようす。んで、ちょっとビクビクしているような印象を受けたんです。



それがお店の空気に伝染していたのかも。



なんかそういうのって、ちょっともったいない。





というか、すごくもったいない。







居心地のよいお店、また行きたくなるお店の要素って、ほんと難しい。







それにしても、よそのお店に行くのは異業種でも同業でも得るものが大きいなあ〜〜。



うんうん。



またひとつ勉強になりました。







・・・って、しゃちょー。



結局、この前のミーティングってなに話したんでしたっけ?笑



なんか前進したことありました??ピピピ



忘れちゃったなあ。





ま、いいかてれちゃう


わくわく体験♪





どうも、私はこのブログでいじられている気がする・・・。

どーしてそんなキャラになってしまったんだろうと思うが、そんなことは気にする しゃちょー ではない(笑) のである v( ̄∇ ̄)v





有能な部下(?)をもって幸せである。





んでもって部下(Kanaちゃん)とかるーくミーティングをした。





話し合っていてお互いのメニューをキチンと受けたことがないことに気づき・・・







お互いの技術をお客さんの立場にたって受けてみることにしました。





これは反対されても・・・







決定 であります。(勝手に決めたオレ ( ̄ー ̄)ゞ )







本音はただ体を癒したいだけなのだ(大きい声ではいえませんが♪)



そりゃー私と比べるとKanaちゃんはたくさんメニューがある。ヘッドスパ、リフレクソロジー、フットケアにエステの4つあるのでそれを全部受けられる。



で、私ときたら・・・    カイロだけ ♪〜( ̄ε ̄;)







やっぱり有能な部下をもつって素晴らしい♪











あ、忘れていた。私はもう一つ パーソナルトレーナー という運動指導もできるんだ。それも体験してもらわないとなぁ〜。









けど、やる側は意外と緊張するんだよな。

でもお客さんに提供する商品を管理する上で大事なことです。







さあ、時間を見つけて体験だー!! 





予定も聞かなきゃな。





楽しみだ(笑)








やっぱり 妄想だけがすすむのだ。

今回のワタクシの更新は、前回のしゃちょーの記事の補足的な内容になると思います。



だって・・・





あの記事を読むかぎり、





なんじゃいそりゃああああ!!! (゜□゜;)





ってゆー、読者さまの声が聞こえてきそうなんですもん。。



しゃちょー ちとコトバが足りないですぜ。





「せんたくびより」に行ったあと、予定があったら行けないのか?!



15:00に予約したのに、はじまるのは16:00とかになっちゃうのか?!






そんな不安が脳裏を掠めるかと思います。笑







しかし、ご安心ください(`◇´)b





そういうことではないんです。





時間の制限(制約)がないというのは、風穴ではすでにある意味実践していることです。



ワタシが今現在細々とひとりで営業しているサロンは1日3名様限定です。



それにはいろんな理由があるのですが・・・

※ ここでは全ては語らずにおきます。語り始めたら夜が明けちゃうし、大体にして、ここはせんたくびよりのブログだからねハート





まあ、ひとつは施術前後の時間にかなりゆとりをもたせたいということです。



やむを得ずたまに詰まっているときもあるますけれど。



そうすると、お客さまは来店してからゆっくりとスイッチをOFFに切り替えて、お休みモードにチェンジしてから施術を受けられるし、終わったあとも、ゆっくりとスイッチをONにしてまたお帰りいただける。



回転率の高さをある程度重視しているテナント系サロンなんかでは、これは不可能なことです。



現実的にビジネスとして成り立たないわけですから。



私個人的には、特に施術後に急かされるように会計をして店を出るのはすごく苦手というか、違和感を覚えます。



なんだかゆったりしたくて来たのに、施術が終わったとたん手のひら返したように追い立てられているような気がしてしまって。



ものごとには余韻というものがあるわけですから。





それで、現在かざあなではそのようなことがないように、1日3名様というスタンスを意固地に守っているわけですが・・・。



「せんたくびより」もそういう要素がある予定です。



もちろん、お客様のご都合が最優先です。



このあと予定がある場合、○○時までに店を出なければいけないとき。



そういうときはきっかり時間どおりにお迎えして、お見送りさせていただきます。





ただ、そうではなくて―――。



とにかく疲れていて休みたい。



元気がなくてしんどい。



肩こりが辛くて死んじゃう。



なんてときは、ちょっと施術時間が長くなったり、施術後のteaが2杯出てくるかもしれません。



しゃちょーが冗談を言って笑わせてくれるかもしれません



ワタクシが顔芸を披露させていただくかもしれません。(やったことないけど)





そんなときは、時間を忘れて楽しんでいってください。



時間の制約(区切り)がないというのは、そういう意味です。



オートクチュールが難しくても、プレタポルテぐらいのイメージでしょうか。





そういうことを実現するには、もちろんシビアな視線で考える部分も必要です。



物件選びがまさにそう。



せんたくびよりは理想先行なので、現実とのすりあわせが本当に大変で・・・汗





まあ、とにかく。





そんなヘンテコな店があったって、おもしろいんじゃないかと思っているわけなのですニコニコ
























妄想だけがすすむ





ふと、思うことだが時間を気にしてしまうと良い施術が出来ない気がする。

けど師匠や先輩先生イワク・・・







「時間どおりに施術を終わらせるのはプロとして当たり前!」







と。







そういわれると確かにそうだと思います。

プロとして時間を守ることは大事なのはわかります。(プロという言葉を使うのは少し照れますが・・・)

いっていることはわかるけど何かひっかかってしまう私。

どうも機械的というかマニュアル的すぎで違和感を感じてしまう。

目安の時間が大事ですが、良い施術を求めるのであれば時間にとらわれるのもどうかと思う。







ちなみに、せんたくびよりでは









時間の区切り(制約)がない









にこだわっていきたいと思います。

(まだ始まっていないのに妄想だけ先行している  笑 )













でも、もちろん時間を守ること前提ですよ。なにせお客さんもそれにあわせてきてますからね (笑)











じゃあどんなとこ・・・









それは、









お楽しみに♪