ビューティーワールド ジャパンへ行ってきた(2018年)

JUGEMテーマ:美容エステ

 

 

▲ブレすぎぃ……(クレームは撮った佐藤までどうぞ)

 

5月14日から3日間東京ビッグサイトで開催された、ビューティーワールド(美容商材などの展示会)へ2年ぶりに行ってきました。
予想気温は28度。初夏を通り越して夏か……という道産子には過酷な条件のなか、見るものを見て、やるべきことをやってきました。


サロンオーナーやエステティシャンでも、ビューティーワールドへ行く目的は様々だと思うのですが、私の場合は、だいたい以下4点です。


・エステ業界の流行調査
・現在の商品、サービスの質を向上させる可能性があるツール、ものを探す
・取引先へ挨拶と情報収集(今後のリニューアル、廃番、新商品発売の予定、既存商品について成分的な確認など)
・発注

 

ビューティーワールドに関して、何らかのデータ等を集めたりはしておらず、そういう観点で準備をしていなければ、当日も臨んでいないため客観的なことは書けません。そのため、気になったこと、感じたこと、印象などを備忘録がわりに記したいと思います。

 


【全体的な感想・印象】
これまでのパンフなどを保存していないので、確かなことは分からないんですけれど…
体感としては少し寂しい感じになってきたように思いました。
出展数が減っているような… 減っていないにしても、出展会社のバリエーションは少なくなったように感じました。

「プラチナホール」というオーナーや小売、輸入業の人の商談をメインとした別区画ができたせいか、一般ゾーン(正しい形容か分からない)はかなり軽薄な感じでした。
もともと軽薄な業界だということは、重々承知しているんですけれど…
それにしても、コスプレのきれいなおねーさんが客引きしてたりとか、ワインやら低糖質やら食品のブースも多かったですね。
これまでと比べ、ずいぶん一般化したように感じました。
多くのメーカーで化粧品やサプリメントが特別価格で提供されていたり、施術や美容機器の体験ができるので、来場している人も普通にお買い物を楽しんだり、サンプルを集めたり、体験を楽しんでいる人が多い印象です。

 

【化粧品の傾向】
美白、保湿はもちろんのこと、そのうえの「抗老化」に着目した機能性の高い化粧品と、フィトセラピーやタラソテラピー(植物とか海藻)の思想で作られた自然派の化粧品で二分しているような感じです。
あとは昔から根強く生き続けている、独自の思想を持った、エビデンスに乏しい(無縁な?)「なにやら胡散臭げなもの」も相変わらず、一定数存在しています。
ウサンクサイものたちはこの業界のお家芸なのでさておき。
抗老化系化粧品の成分としては、ここ数年急激に勢いを増してきているヒト幹細胞がいちばん目立ち、次にEGFなどのヒトオリゴペプチド系がよく見られました。
コエンザイムQ10なんていう、急速に流行し、あっという間に廃れた抗老化剤のはしりのようなものを含む化粧品もちらちらとは見られましたけれど。
ヒト幹細胞が今後どのていど一般的になっていくのかが、注目ですね。
まだ原材料のほとんどが、ある韓国の会社一社から供給されているような状況だそうで、ヒアルロン酸のようになるのか、それともコエンザイムのように空気になるのか…はたまた、明らかになっていないリスクのようなものが分かり、消えていくのか……
 


【美容機器の傾向】
今後主流になるのでは、と思わせるようなものはありませんでした。

仕組みや根拠が不明瞭な、いろんなウサンクサイものはありました。
まだしばらく、エレクトロポレーションがフェイシャルのアプローチとしては、最新かつ安定した効果が望めそうです。

 

 

5月14日リリースのプレミア・ビューティ・アンド・スパさんのヒト幹細胞が入ったクリームを入手してきました。

 

 

皮膚科学に基づいた高品質の化粧品をお作りになっているメーカーさんなので、期待大。

リコプロインプルーヴディープクリームも素晴らしいですもんね。

注)回しものではない。純粋に製品を信頼しているだけ

 

まずはひとつじっくり自分で試用してみたいと思います。

 

展示会では、普段お世話になっているメーカーさんと直接お話しもできて、一部製品については特別価格で仕入れられましたので、その分はお客様に還元したいと思っています。

 

具体的には、対象製品を継続してお求めのお客様へ、展示会特別価格としていつもより割安にお分けさせていただきます。

 

個別にご案内を差し上げますので、しばしお待ちくださいませ。

 

 

展示会のあとは、店内インテリアなどに新たな刺激を受けるべく、千葉の古民家に宿泊してきました。

とっても素敵な場所だったので、後日個人ブログで詳細にご紹介したいと思います。

 

以上ざらっとですが、2018年ビューティーワールドの覚書でした。

 

 

 

 

5月15日休業させていただきます

 

5月15日(火)スタッフ出張のため休業させていただきます。

 

※なお、明日14日は月曜のため定休日です

 

頂戴したメールの返信等も16日以降となります。ご不便をおかけいたしますが、悪しからずご了承くださいませ。

 

ビューティーワールド ジャパン で最新の化粧品やサプリメント、業界の動向やトレンドなどを見てきます。

 

数年前から出ていた期待の抗老化剤を使った、次世代アンチエイジング化粧品がずいぶん種類が出ていそうなので、そのあたりしっかりチェックしてきたいと思います。

 

2年前は消費者庁に怒られた水素と、スーパーフードが猛威を奮っていて、個人的にはちょっとつまらない感じだったのですけれど、今回は期待です。

 

 

 

 

 

時間がなくても手軽に健康になりたい

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

皆さん、ゴールデンウイークは満喫できましたか?

楽しい時間はあっという間に過ぎて・・・

現実に目を向けると、ため息がでてしまう方もいるのではないでしょうか。

 

そして、

 

連休明けての仕事はとても辛く感じるものです。

 

 

忙しい毎日に追われながら体調を崩さないように健康管理を気をつけたい。

だからこそ、時間がない中でも食事はちゃんとしたいですね。

 

 

 

共働きや働く女性が増えてきて食事に十分な時間を割けなくなってきているなんてお話も聞きますが。

そのため、忙しい中でも健康志向の強い商品を意識して選んでいるみたいです。

 

 

例えば・・・

 

 

手軽に飲める = ドリンクタイプのヨーグルト。こいつは朝の時間がないときに重宝しますね。

簡単な食事 = レンジ・レトルト食品。減塩や糖質オフ、添加物フリーなモノを選び手早く健康的な食事を。

 

最近は品質も高くなってきてますし、品数も豊富ですもんね (*^▽^*)

 

 

 

確かに私も仕事柄、決まった時間に食事ができず、手早く飲める「グリーンスムージー」や「プロテイン」で小腹を満たしています。昔は菓子パンに選んでいましたが、今は体のことを考えて忙しい時は積極的に摂取しています。

 

 

今後も、「簡単・便利」そして「健康志向の強い商品」を求める人が増えるような気がしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康・美容ケアを札幌市豊平区からご提案しております

「せんたくびより」詳細はこちら

 

 

 

十分な睡眠、とれてますか?

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

ぐっすり眠ってます♪

 

 

 

少し古いですが今年の1月の新聞の記事に、

 

日本人の約6割が睡眠に満足できていない、という内容がありました。

(アンケート調査を元に)

 

理由を読んでみると、

 

「仕事や外出などによる帰宅時間の遅さ」

「ベッド・布団に入ってスマホを見る」

 

など挙げられていました。

特に若い人(20代)のスマホを睡眠不足の理由に挙げる人が多く、就寝前に1分以上スマホを使用が70%以上でした。

(50代でも男女とも半数の以上が使用しているそうです)

 

 

健康維持・増進するための条件として「十分な睡眠」は重要です。

 

若い頃は、少々の睡眠不足は体力があるので乗り越えられかもしれませんが、年を重ねれば睡眠不足により疲労回復できずにストレスが溜まると、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

 

私も20代の頃は短時間睡眠で栄養ドリンクを飲んで仕事していた時期もありましたが・・・

 

日中の活動に集中して取り組むにはやはり睡眠はかかせません。

 

 

 

 

体の健康を保つために日頃から意識するためにはできることから始めることが大切です。

 

簡単にできること・・・

 

ベッド・布団に入ってスマホを見る、ことをやめてみることで寝つきがよくなるかもしれませんね。

 

 

私が診ている30代男性のお客様は「ジョギング」することで寝つきが良くなり睡眠不足が減ったみたいですよ。

適度な運動も睡眠改善になりますからね。

 

 

 

 

 

 

当店の整体で首や肩の筋肉の緊張を緩和させることで寝つきが変わるかもしれませんよ。

職場が変わり新しい環境に慣れなく疲れが取れないと思われている方、ぜひ一度ご利用ください。

 

 

 

 

 

***
当店は札幌市豊平区にある健康と美容のための店です

 

 

 

 

住居型サロンの内部はこんな風になっている

JUGEMテーマ:美容エステ

 

今月おかげさまで9周年を迎えました。

驚きと感謝をこめて、只今9周年御礼企画をイロイロご用意してお待ちしております!

 

今日は、9年も経って今更ではありますが、あらためて当店の内部をご紹介したいと思います。

 

 

入り口・廊下

玄関の扉を開けるとすぐにスリッパ立てと珍妙な靴ベラ、そしてunicoさんの10周年記念のノベルティでいただいたマットがお出迎えします。

 

 

にょっきり生えている葉っぱ様のものが靴ベラなのですが、開店当初から通っていただいているお客様でさえ、つい最近その存在に気づくという……見事なまでに只のモニュメントと化しております。

 

男性のお客様に比べ、女性のお客様が靴べらが必要になることは少ないとは思いますが、ブーティやドレスシューズをお召しの際はぜひお使いになってみてくださいませ。めっちゃ履きやすくて、靴べらの存在意義を再確認できます。

 

そして、玄関マットはなぜずっとこのいただきものなのだろう、と、この記事を書くにあたってはじめて気づきました。

確かに店内の家具はほとんどunicoさんのものなんですけれど… だからって……

unicoさんの10周年ノベルティなので、来年の当店が10周年のときに変えましょうか。

 

 

サブ施術スペース

玄関入ってすぐ右手はサブ施術スペースです。

 

四畳半ほどの小さな部屋ですが、自分の部屋のようで妙に落ち着くと好意的反応をいただくこともあり、社交辞令と分かっていながらもスタッフたちは安堵するのでした。

 

現在は写真のベッドではなく、安心・信頼の高田ベッド製作所製のカイロプラクティック対応ベッドを採用。

 

*高田ベッド製作所とは?

創業47年の医療用ベッド、マッサージベッドなどを製作する超老舗メーカー。製品そのものは10年保証(一部例外もあるかもしれない)、表地のレザーには抗菌・防臭加工が施されている。

 

一般的にはあまり知られてないことかもしれませんが、カイロプラクティックというものは手技療法のなかではベッドにかかる負荷が強いのです。そのため、ただのマッサージベッドでは強度不足のため施術に危険が伴います。

ここ数年は数千円から一万円前後の安価なベッドが爆発的に増えたのですが、寝心地以前の問題として、効果的な施術を安全にご提供するためには、ベッドの質というのは軽視できないのです。

 

 

メイン施術スペース

12.6畳の広々としたメイン施術スペース。

最近の住居型サロンには珍しいほどの広さらしく、打ち合わせのためにいらした化粧品メーカーや広告関連の営業さん方も驚かれます。

 

 

 

メインベッドはもちろん、高田ベッド。

こちらは高さ、幅を調節してあるセミオーダー品です。

 

背もたれが無段階調整でき、ヘッドスパやエステの際も利用します。

 

サイズを測ったところ、梱包状態ではもしかすると中に入らないかもしれない…しかも、その場合、お値段的にけっこうヤバいぞ! という状態だったにも関わらず、購入を決意。どうしてもこのベッドにしたかったのです。

 

結局、運送会社さんの経験により培われた鮮やかな品さばきによって、ありがたくも無事入れることができました。

どの職業でもやはりプロフェッショナルの仕事というものは、美しいしかっこいい! そのようにありたいものです。

 

 

 

 

ベッドの右手にはエクササイズスペース。

上は事務室から見たようす。

運動時は適度な空調で、なるべく自然な暖かさや涼しさに調整。

(エステのときはホッカホカです)

 

 

当店の運動指導は「アスリートではない一般の方が、健康維持のために歯磨きのように生活に溶け込ませられるもの」を目指しています。

そのため、ご自宅でも続けられるよう、二畳ほどのスペースでできる特別な用具や準備の必要ないものを主にお教えしています。

バランスボールが映っていますが、ほぼ調度品です。

 

 

そして――

 

 

おっと、不適切な画像が紛れ込みました。

我が家の猫の鼻です。

只今絶賛毛替わり中でもっふもふです。

※猫は店にいません

 

 

戻ります。

 

 

休憩スペース

店内でもっとも日当たりの良い(といっても北西向きなので暑すぎない)6畳の和室に、unicoさんの2.5人掛けソファを入れています。


ハンガーラックにはボトムハンガーも用意。

アウター、トップス、スカートすべて掛けられますので、お仕事帰りやお出かけ後、お出かけ前で洋服のしわが気になるときも安心。もちろん着替えは全身ご用意があります。

 

ウェルカムドリンクや、アフタードリンクは季節によって変わります。

写真は冬のジンジャーハーブコーディアル。

硝子テーブルのうえの飴は、毎月整体スタッフがアメ売り場で吟味して選んでいます。

 

 

夜は吹き硝子のようなアンティーク調のライトが部屋を柔らかく照らします。

日中と夜でずいぶん雰囲気が違うようです。(お得意様談)

 

 

棚に並ぶのは施術担当者の資格証です。

 

当店では医療行為は行っておりません。

 

トラブルが発生する前の予防のためのケアや、良好な状態を維持するためのケアを主として提供しております。

 

日本では整体やエステの資格の大半が民間資格です。(柔道整復師、鍼灸師、あんま師だけが国家資格。ただし、リラクゼーション目的での利用は保険適応外)手技も知識も勉強を続け、ブラッシュアップしていくことこそが重要なので、資格を取ることそのものに大して意味はありませんが、少しでもお客様の安心の材料になればと掲示しています。