<美容液>Obagi オバジC5 C10 C20


 

Obagi(オバジ)  オバジ C5
10ml  希望小売価格 3,150円


全成分
エトキシジグリコール・DPG・水・アスコルビン酸・ラミナリアオクロロイカエキス(ラミナリアエキス)
アッケシソウエキス・ベタイン・アセチルファルネシルシステイン・ツボクサエキス・グレープフルーツエキス・BG・香料






Obagi(オバジ)  オバジ C10
12ml  希望小売価格 4,200円
30ml  希望小売価格 8,400円

全成分
エトキシジグリコール・PG・水・アスコルビン酸・DPG・ラミナリアオクロロイカエキス(ラミナリアエキス)
アッケシソウエキス・ベタイン・アセチルファルネシルシステイン・ツボクサエキス・グレープフルーツエキス・BG・香料






Obagi(オバジ)  オバジ C20
13ml  希望小売価格 8,400円

全成分
エトキシジグリコール・水・アスコルビン酸・ベタイン・ジグリセリン・ラミナリアオクロロイカエキス(ラミナリアエキス)
アッケシソウエキス・アセチルファルネシルシステイン・ツボクサエキス・グレープフルーツエキス・BG・香料

※画像は権利の問題があるため、amazonアソシエイトで利用可能な場合のみ掲載します




前回に引き続きオバジの製品、今回は美容液です。

私、必ずスキンケアに取り入れた方が良いと思う成分のひとつに「ビタミンC」を挙げます。

そのビタミンC主体の美容液がこちらのシリーズです。




まずは、ビタミンCを肌に取り入れた場合の効能を整理します。


メラニンの生成抑制 → シミ・ソバカスの予防

過剰な皮脂抑制 → 皮脂過剰、油分過多による新陳代謝の低下から起こる、ざらつき、ごわつき、くすみの予防、油分原因のニキビの軽減、化粧崩れの防止など

真皮のコラーゲン生成を促進 → しわ、たるみなどの予防
※ただし、化粧品は表皮までしか到達しない可能性が高いと考えられているので美容機器との併用が推奨


やはり、スゴイんですよね。

保湿以外のほぼ全ての要素のケアに有効と考えられているのが、このビタミンCです。


美容皮膚科の施術メニューにもたいてい、「高濃度ビタミンC誘導体のイオン導入」があります。

イオン導入とは、イオンの働きを利用することによって化粧品に含まれる美容成分を肌の奥まで届けるという施術ですが、美容皮膚科でも「ビタミンC誘導体」を重用しているんですよね。


さらに、ビタミンCの優れたところはもうひとつあります。

それは成分原価が安いこと。

なので、数百円の製品にもビタミンCが使われていることも少なくありません。(どのくらいの濃度かは別として)


そんないいことづくめのビタミンCですが、その反面大変な弱点があります。

それは、安定性が悪く、分解しやすいことです。

ビタミンCはその特徴からそのまま化粧品に配合されることが難しいと考えられています。

そのため、より安定化された「ビタミンC誘導体」が現在化粧品に使われるビタミンCとしては主流になってきています。



では、話を戻して今回取り上げた製品についてです。

「C5」「C10」「C20」いずれも、紫外線によるメラニン生成の抑制(=一般的にはこれを美白という)と、紫外線や老化によるコラーゲンの変質を抑える働きと、軽い保湿効果を持つ美容液だと思います。

化粧水にも使われていた「ジグリセリン」、「PG」はグリセリンに似た軽い保湿剤で、「DPG」は同じく軽い保湿剤&製品ののびを良くし、使用感の向上に貢献します。

いずれも保湿剤の部類としては、安価な化粧水にも含まれるもので保湿効果は強くないと思われます。


面白いのは「ラミナリアオクロロイカエキス」です。新しい成分です。

海藻由来の成分で角質細胞間皮質のバリア機能を強化し、紫外線ダメージによる損傷を抑える働きがあるといわれています。ビタミンCのコラーゲン生成促進の働きと相性が良さそうです。

「アセチルファルネシルシステイン」はアミノ酸の一種なので保湿剤に分類されるかと思いますが、水分を蓄えるタイプではなく、肌の水分蒸発を抑えるタイプの働きになると思うので(アミノ酸なので)こちらも強い保湿力があるとは思えません。抗炎症作用の方を期待してのことでしょうか。



ただですね、コレ、一番の着目点は肝心のビタミンCがそのまま「アスコルビン酸」なことでないでしょうか。

先にご紹介しましたが、ビタミンCは安定が悪く、壊れやすい成分です。

そのため最近は

・ジパルミチン酸アスコルビル(高い安定性を持つ油溶性ビタミンC誘導体)
・ステアリン酸アスコルビル(同上。油溶性になることによってクリームなどにも高濃度配合しやすい)
・パルミチン酸アスコルビル(ビタミンCの効果と製品の抗酸化作用を併せ持つ)
・アスコルビルグルコシド(表皮や真皮で酵素によって分解されるため高い安定性を持つ)
・リン酸アスコルビルMg(同上。さらに高い吸収率を誇る)

など、安定と吸収率がよい様々な油溶性、水溶性のビタミンC誘導体があります。

その中で、ビタミンCそのものである、アスコルビン酸はどうしても見劣りしてしまいます。

ビタミンC誘導体は改良がかなりあるので、今の最先端を「第4世代」と例えると、アスコルビン酸は「第1世代」です。

ビタミンCが製品名を象徴しているくらいなら、もう少し新しい誘導体が使われていても良いのでは… と思ってしまいます。

業務用で考えると、「アスコルビン酸」が使われたビタミンC配合と謳っている化粧品は、かなり時代遅れです。



さらに…


こちらもすでにご紹介しましたが、「ビタミンC」は本来、とっても安価な成分なんです。

改良が加えられ、機能が強化された「ビタミンC誘導体」はそうでない場合もありますけれど。

それを考えると、やっぱり、こちらの美容液も割高感があります。

C5で1mlあたり、315円
C10で1mlあたり、約350円(12mlボトルで換算した場合)
C20で1mlあたり、約645円





使用感の想像ですが、かなり「しみる」のではないかと予想します。

ビタミンC誘導体は「しみる」ものが多いですが、アスコルビン酸そのもので、濃度が高そうですし、それを緩和させる成分もちと弱い気がするので、けっこう刺激が強いのではないかと。

肌にのせたあとはさっぱりして、ベタベタしなさそうです。


んが、しかし。


繰り返しますが、化粧品の使用感と美容効果は必ずしも相関関係にあるとはいえません。


「ラミナリアオクロロイカエキス」は使ってみたい成分のひとつなんですけれど…

もっとこっちを打ち出しても良いんじゃないかなーとか、思ってしまいます。

確かにビタミンCの方が一般的には分かりやすいですけれどね。


化粧水と同じで、作りが古い印象と、割高感を覚えます。



ちなみに、公式HPの製品情報によると、

C5→キメ、ざらつきにおすすめ
C10→キメ、ざらつき、毛穴
C20→キメ、ざらつき、毛穴、肌トーン

とあります。

キメを細かくするためには、
・肌内部の水分量を増やし、たっぷり潤わせる
・コラーゲンの量と質を維持する

上記2点が大切ですが、VCは保湿にはあまり意味がありません。
だから、VCのコラーゲン生成促進効果のことを言っていると思います。が、アスコルビン酸が壊れずにそんなに浸透するかどうか疑問です。

ざらつきは皮脂過剰による新陳代謝の低下や、洗いすぎやこすりすぎによる角質肥大によって起こりやすいので、VCの過剰な皮脂を抑制する働きのことだと思うのですが、それは効果がありそう。

C10とC20では毛穴が謳われていますが、毛穴対策に大切なのは「保湿」と「たるみ予防」です。VCは真皮のコラーゲン生成を促進しますので、うまく働けばたるみ予防ができますが、こちらもアスコルビン酸で可能かどうか疑問です。

C20では「肌トーン」が出てきますが、これはVCの「メラニン生成抑制」と「色素沈着予防」効果のことだと思いますが、これは逆になぜC20だけ謳われているのか不思議です。

浸透が弱い場合のVCの一番の恩恵はこの効能だと思うのですが…。


ちょっと打ち出し方と実際の成分の内容にも違和感があります。

いや、美容業界では本当によくあることですけれど。


ん? この手の話、シャンプーでも書いた記憶があります。

これだ


特定の企業や製品を貶めるつもりはないのですが、私、消費者に誠実でないように感じる姿勢がどうも嫌いなようです。

最後ヒートアップしすぎてすいません。


結論。

今現在お使いの方には申し上げにくいのですが、

VCをスキンケアに取り入れるためにこちらを使うなら、もうちょっとお安くて成分的に新しいものがあるのではないかと思います。


Obagi(オバジ)  オバジ C5
10ml  希望小売価格 3,150円



Obagi(オバジ)  オバジ C10
12ml  希望小売価格 4,200円
30ml  希望小売価格 8,400円


Obagi(オバジ)  オバジ C20
13ml  希望小売価格 8,400円


主観的な評価

満点は★5つ
機能 ★
使用感の予想 ★★
コストパフォーマンス ★
----------------------------------
総合 ★


ビタミンC誘導体は美白効果やアンチエイジング効果など、さまざまな美容効果を持ち、なおかつ最近は油溶性、水溶性と形状のバリエーションが増え、安定性も増しています。

10代〜30代前半くらいで今現在シミの悩みがない方は、将来のシミ予防のためにぜひ化粧水で。

30代以降の方で色白の方や、シミソバカスがすでに気になる方は「たるみ」「しわ」予防のためにもVC誘導体が含まれる美容液やクリームの使用をおすすめいたします。

VCは最も基本的かつ効果的な美容成分だと思います。

成分の形状は、今回ご紹介した「誘導体」のいずれかタイプがおすすめです。



最新「第4世代」はテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)です。

安定性が高く、肌なじみが良いうえに吸収率も高いのが特徴です。

業務用では採用されているクリームや化粧水、美容液が割りとありますが、市販品ではどうなんだろう…。

お値段的には、含有量が比較的高いと思われるクリームの場合、30g〜40g(3ヶ月〜4ヶ月分)で5,6千円のものが多いようです。業務用メーカーでそのくらいなので、たぶん市販品の場合1.5倍から2倍になると思うので8千円〜1万円前後になってしまうんでしょうか。

ううむ…。 そのくらいだと、もっと良い成分も使えてしまいますね。